English ホーム アクセス お問い合わせ
社外取締役&監査役紹介サービス 税の窓
ホーム > 会社案内 > 会社のあゆみ

会社のあゆみ

中央経済社ホールディングスは創業から60年にわたって
いつも経営社会の変化とともに歩んできました

1948~1954 (昭和20年代)
1948年10月当社設立。 経済復興の基盤となる企業の会計・税務を全国に広めるための出版活動。
1955~1964 (昭和30年代)
生産性を向上させる経済社会のニーズを受けて経営の管理問題を出版テーマに。 大学教育の充実の求めに応じたテキストの積極開発。
1965~1974 (昭和40年代)
コンピュータ化がすすむなかで新しい経営が開発された。情報管理を出版ジャンルに取り込む。
1975~1984 (昭和50年代)
日本的経営が世界から注目された。当社の一連の日本的経営書群がブームをつくる。与えられる知識から自分で開発する知識の時代―ビジネス書の誕生と隆盛。
1985~1989 (昭和60年代)
経営の国際化に伴う新しい実務法務を解き明かす出版。ディスクロージャー問題にリーダーシップを発揮。
1990~1999 (平成年代)
平成9年、株式を店頭登録[9476]。 ビッグバン=諸制度改革、情報化・国際化をキーワードにした変化の波を出版開発で全面カバー。 電子出版への途を開く。
2000~2010 (21世紀)
一連の商法大改正をフォローした実務書の開発で新分野を開拓。 学会総合ネットワークをオープン。
2011~2013 (21世紀)
株式会社シーオーツーを完全子会社化。
2014~2016 (21世紀)
持株式会社体制へ移行し、株式会社中央経済社ホールディングスに商号変更。
子会社株式会社中央経済社、株式会社中央経済グループパブリッシングを設立。
English

Copyright (C) 2017 中央経済社ホールディングス . All Rights Reserved.