(画像をクリックすると
詳細が見れます)


定価 (本体1,463円+税)

bjh@chuokeizai.co.jp

7月号のおしらせ  5月21日発売

【特集1】
改正民法で新設
「定型約款」企業対応の要点

規定新設に至る議論の経緯,施行に向けた期待と課題
(松尾博憲)

定型約款の定義
─該当例・非該当例の具体的検討
(青山大樹/宮地 賛)

定型約款の合意・表示
─組入要件・不当条項該当性・表示義務

(柏木健佑)

定型約款の変更,経過措置
─合理的変更の範囲と周知義務

(渡邉雅之)

当社の対応ヤフー株式会社
─表現・周知方法の「わかりやすさ」に工夫を

(畠 良)

当社の対応日本生命保険相互会社
─商品の特性をふまえた検討・対応を

(北澤哲郎)


【特集2】
一人法務へのチャレンジ
2大デメリットを克服!
一人法務で成長するコ
(IT法務担当者)

抱えきれない業務をどうする?
効率化のためのアウトソースのしかた
(町野 静)

元上司・部下が本音で対談!
インハウス弁護士が知っておくべき
“会社の流儀”

(大西徳昭/三浦悠佑)

・Column① 雑草一人法務のTIPS
(
舩山 達)

・Column② マイルールで自己研鑚
(
卸売業法務担当者)

・Column③ 継続的スキルアップと「転職」の活用
(
メーカー法務担当者)


【実務解説】
M&A実務の羅針盤
「我が国企業による海外M&A研究会」報告書を読む
(林 稔)

「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」対応上の留意点(上)

(塩崎彰久/眞武慶彦)

近時の実施例に見る
ライツ・オファリングの最新動向
(濃川耕平/小嶋陽太)

調査のポイント・手法を詳解
「働き方改革」後の労務デューデリジェンス
(林 和宏)

データの法的保護・利活用に向けた
不正競争防止法改正案の概要と実務対応
(松本 慶)

欧州版クラスアクション制度の構築へ
EUにおける集団訴訟をめぐる現状と最新の立法提案
(大沼 真/マタイス・カウパース)

・GDPR(EU一般データ保護規則)対応の
 最終チェックポイント

(野呂悠登)

SDGs・ESG時代に求められる
戦略的な法務活動

(
髙橋大祐)

【地平線】

より良い社会を築くためのリーガルデザイン力
別所直哉

【Trend Eye】

ひろがる“HRテクノロジー”,
活用における法的課題
(板倉陽一郎)

      <試験関係>
ビジネス実務法務検定試験(2・3級)演習問題
※編集の都合により,本号では「要件事実・事実認定論の根本的課題 ─その原点から将来まで」は休載とさせて頂きます。次回の掲載は2018年9月号(7月21日発売号)となります。)
    
『読者アンケート』募集中! (こちらから)

定期購読のお申し込みはこちら

【第42回ビジネス実務法務検定試験】













年間購読料
1年間  16,800円(税込)
2年間  31,000円(税込)







「法務のお悩み相談」の応募はこちらから!


ビジネス実務法務検定試験とは?
東京商工会議所がビジネスマンのリーガルマインドを育てるため創設した「ビジネス実務法務検定試験」の唯一のオフィシャル・マガジン。本誌は試験情報の速報をはじめ受験者の学習を支援するほか、最新法務の動 向を提供する便利な実用法律誌として注目を浴びています。