(画像をクリックすると
詳細が見れます)


定価 (本体1,545円+税)

bjh@chuokeizai.co.jp

4月号のおしらせ  2月21日発売


【特集1】

今こそ変化のとき
電子契約のしくみと導入プロセス

 
「なぜ今の時代,契約書だけが紙なのか……」。そんな疑問・不満を持ちつつも,日頃の業務に追われて いたり,実態がわからなかったりといった理由から,「電子契約」導入にふみきれない企業も多いのではな いでしょうか。一方で,働き方改革の浸透による業務効率化の要請に伴い,あらゆる場面でペーパーレス 化の検討が本格化し,「電子契約」を検討する必要性は確実に高まっています。 本特集では,そもそも「電子契約」とは何なのか,どのような種類があるのか,訴訟ではどのように扱 われるのかにつき,丁寧にご解説いただきました。また,「企業の導入実例」では,「切り替えコスト」を 乗り越えた先駆者の体験談と工夫が寄せられました。 契約実務の転換期において,本特集がみなさまの検討の一助になれば幸いです。


・電子契約をめぐる法規制と導入の検討軸●宮内 宏

・契約者署名型,サービス提供者署名型,サイン型
電子契約の種類と技術●天野文雄

・二段の推定との関係,証拠提出の方法等
電子契約の民事訴訟上の取扱い●圓道至剛

・読者からの質問に回答
電子契約導入・活用QA●秋野卓生

・企業の導入実例

野村ホールディングス株式会社
契約書の全社集約・データ化で購買活動の戦略化を実現●大賀 顕

LINE 株式会社
準備と工夫でリスクに対応●山本雅道

freee 株式会社
4つの検討軸から自社に最適なツールを検討●桑名直樹/五十嵐沙織/渡邊涼子

株式会社SRA
導入可能な業務を洗い出し,一歩ずつ進める●陶山雄志

 
【特集2 】
各国の基本枠組みと最新動向
輸出規制コンプライアンス


・丸紅株式会社の取組事例を紹介
法務・コンプライアンス部門の役割・機能●上田晴康/ 中野光善/阿部正則

・米国輸出規制と日本企業における対応実務●眞武慶彦/湯浅 諭

・中国の新・輸出規制の概要と日本企業の関与●手塚崇史/若山 慶

・外為法による輸出管理規制と実務フロー●髙橋直樹

・各国の輸出規制と今後の動向
――EU,英国,韓国,インド,タイ,メキシコ,カナダ●篠崎 歩
 
【特集3】
“クレーマー”から従業員をどう守る?
 企業に求められる「カスハラ」対策のすべて


・安全配慮義務の観点からの検討を
「 カスハラ」の定義と企業に求められる対応姿勢●有賀隆之

・まず何から・どう対策すべきか
対応方針策定・社内体制構築の視点●町田悠生子

・事実確認・訴訟の検討等 「 カスハラ」発生時の対処法●南谷健太

【特集3】
・2019 年に起きた企業不祥事とコンプライアンス強化へ向けた示唆●山口利昭

【地平線】
・何のための市場改革か
価値創造の主体たる「上場企業の3要件」●大場昭義

【Trend Eye】
・企業活動のグローバル化を支える
信頼ある個人データの自由な流通に向けた取組み●木澤浩亮/丸山和子

【特別収録】

・ 2019 年12 月8日実施
第46 回 ビジネス実務法務検定試験1級問題・解説

【実務解説】
・グループ通算制度や国際課税分野における租税回避対応措置に注目
令和2年度税制改正のポイント●河野良介

・改正法で新設
薬機法の誇大広告に対する課徴金・措置命令制度●木川和広/徳備隆太

・行動ターゲティング広告と日米欧のプライバシー保護規制(中)●鈴木翔平/松永耕明

・下請法違反のリスクを減らせるか
「型取引の適正化推進協議会報告書」が実務に与える影響●中野竹司

・IoT 通信規格の標準必須特許
――FRAND 実施料をめぐる潜在的争点●池谷 誠

・日・米との比較で検討する
対イスラエル投資,M&A の最新実務●田中真人

【連載】
・ 最新判例アンテナ 
第24 回 相続財産についての情報が,ただちに相続人等の個人情報保護法2条1項にいう「個人に関する情報」にあたるとはいえないとされた事例●三笘 裕/平野裕佳

・「 個人情報保護法」世界の最新動向
第3回 タイ――本年5月27 日に適用開始●石川智也

・ ロイヤーの使い方を押さえる! 
法務のための英単語辞典
最終回 「みなす」「推定する」「仮定する」を表す表現●豊島 真

・ 対話で学ぶ 法務対応の勘所
第5回 Due Diligence●朝倉 亮

・ ストーリーでわかる 訴訟手続の基本(民事編)
第6回 和解,判決言渡し,控訴提起の判断等●大久保由美/福谷賢典

・ 株式会社以外のビークルの実務
第2回 合同会社●立花 宏

・ 知って,活用! 国際仲裁・国際調停
第3回 主要な仲裁条項・緊急仲裁人手続●岡田春夫

・ 米国ジョイントベンチャーの最新実務
第4回 経済条件に関する条項●竹内信紀/田中健太郎/松永耕明

・ 証拠からみる 独禁法違反認定の鍵
第4回 モディファイヤー事件●向 宣明

・トークン・ビジネス法務入門
第4回 暗号資産( 仮想通貨) の規制上の取扱い①●芝 章浩

・ 債権法改正 企業対応の総点検
第10回 債権譲渡・債務引受・契約上の地位移転に関する債権法改正の注意点●岸野祐樹

・LEGAL HEADLINES
第105回 公取委,プラットフォーム事業者の消費者取引に関する優越的地位濫用ガイドラインを公表●森・濱田松本法律事務所 編

定期購読のお申し込みはこちら

公式Twitter

【第46回ビジネス実務法務検定試験 速報】









ビジネス実務法務検定試験とは?
東京商工会議所がビジネスマンのリーガルマインドを育てるため創設した「ビジネス実務法務検定試験」の唯一のオフィシャル・マガジン。本誌は試験情報の速報をはじめ受験者の学習を支援するほか、最新法務の動 向を提供する便利な実用法律誌として注目を浴びています。