(画像をクリックすると
詳細が見れます)


定価 (本体1,463円+税)

bjh@chuokeizai.co.jp

3月号のおしらせ  1月21日発売

【特集1】株主総会2019 準備と工夫
・企業・株主に求められる対話のための情報提供 
2018 年株主総会の振返りと2019 年の検討
(永池正孝)

・座談会 本音を語る
総会担当者と機関投資家の対話
(鎌田博光/逆瀬川美佳/須藤哲也/銭谷美幸/中西和幸/下山祐樹)

上場会社や機関投資家の関心事をピックアップ
議決権行使基準の比較と分析

(塚本英巨)

・2019 年株主総会 想定問答
Ⅰ コーポレートガバナンス・コード改訂
Ⅱ 会社法改正およびその他ガバナンス関連

Ⅲ 働き方改革・労務関連
Ⅳ 時事問題
Ⅴ 例年頻出質問──近年の傾向をふまえ
(高木弘明/山田慎吾/野澤大和/清水 誠/森田多恵子)

わが社の総会活性化策・準備対応
・グリー株式会社 電子化への試み
イベントノウハウを生かしたIT 総会の進化

(松村真弓)

・ ライフネット生命保険株式会社 日曜開催などリアルな交流を促進する
オンライン生保が取り組む「顔のみえる株主総会」運営の工夫

(加藤あゆみ)

・サイボウズ株式会社 株主との関係性を変える
「ワクワクする総会」実現のための具体策

(田中那奈/山羽智貴)
【特別寄稿】
日産自動車事件から考える有価証券報告書の虚偽記載罪
──役員報酬・関連当事者との取引
(弥永真生)
【特別収録】
2018 年12 月9日実施
第44 回
ビジネス実務法務検定試験1級問題・解説

【実務解説】
TPP11 協定発効に伴う実務対応のポイント
──特恵関税で変わる契約実務を中心に
(篠崎 歩)

デジタル課税,# MeToo 運動の動向ほか
海外法務ニュース2019
(石田雅彦)

Plain Englishによる英文雇用契約書作成のしかた(下)
(倉田哲郎/キャロル・ローソン)

・スルガ銀行不正融資問題に係る 第三者委員会報告書の分析と企業対応
(寺田昌弘)

・米中対峙構造に備えた日本企業のリスク管理

(伊藤嘉秀/田中健太郎)


【地平線】
スタートアップを支える技術法務 ──弁護士に求められる気概と信念
(鮫島正洋)

【Trend Eye】

判決推論プログラム開発すすむ AI の法律学への応用
(佐藤 健)
『読者アンケート』募集中! (こちらから)

定期購読のお申し込みはこちら

【第44回ビジネス実務法務検定試験】













年間購読料
1年間  16,800円(税込)
2年間  31,000円(税込)







「法務のお悩み相談」の応募はこちらから!


ビジネス実務法務検定試験とは?
東京商工会議所がビジネスマンのリーガルマインドを育てるため創設した「ビジネス実務法務検定試験」の唯一のオフィシャル・マガジン。本誌は試験情報の速報をはじめ受験者の学習を支援するほか、最新法務の動 向を提供する便利な実用法律誌として注目を浴びています。