(画像をクリックすると
詳細が見れます)


定価 (本体1,463円+税)

bjh@chuokeizai.co.jp

9月号のおしらせ  7月21日発売

【特集1】
ここから変える・始める
民法改正への準備と対応

改正の全体像と対応モデルスケジュール
(川井信之)
     
改正後の条項例から考える
契約書ひな型見直しのポイント
(岡 正晶/宮島哲也/大澤加奈子/久保文吾/梶谷 陽)
1 売買契約書
2 賃貸借契約書
3 業務委託契約書

定型約款見直しのポイント
──インターネットビジネスを題材に
(伊藤雅浩)

債権管理・回収の改正ポイント
──時効,保証,債権譲渡,相殺における留意点
(大川 治)

【特集2】
シェアリングエコノミーの法規制
・シェア経済が生み出す新しい社会と「共同規制」の考え方
(石原遥平)

・プラットフォーマーの私法・公法上の責任
(森 亮二)

・Column
シェアリングエコノミーにおける 個人事業者保護の各国動向
(松尾剛行)

・初のシェアリングエコノミー立法
「民泊新法」のポイントと留意点
(山本龍太朗/木田晃一)

・Column
豪州における近隣問題へのアプローチ
(渡部友一郎)

・ライドシェア,カーシェアをめぐる最近の議論
──安全性の確保を中心として
(野間敬和/菅野邑斗)

・Column
世界が挑む「相乗り×自動走行」の未来
(光本亘佑)

【実務解説】
・第193回通常国会で成立したビジネス関連法律
星 正彦

・スチュワードシップ・コード改訂が企業に与える影響
上田亮子

・国際自動車事件が割増賃金実務に与える影響
(横山直樹)

・米司法省「企業コンプライアンス・プログラムの評価」 が示す改善の視点
(深水大輔)

【地平線】

Society 5.0を実現する知財戦略のあり方
渡部俊也

【Trend Eye】

ESG投資にみる企業価値の変化
荒井 勝

<試験関係>
ビジネス実務法務検定試験
第41回試験(7月2日実施)2・3級 問題・解答速報
『読者アンケート』募集中!(こちらから)

定期購読のお申し込みはこちら

【第41回ビジネス実務法務検定試験】













年間購読料   1年間  16,800円(税込)

          2年間  31,000円(税込)






「法務のお悩み相談」の応募はこちらから!


ビジネス実務法務検定試験とは?
東京商工会議所がビジネスマンのリーガルマインドを育てるため創設した「ビジネス実務法務検定試験」の唯一のオフィシャル・マガジン。本誌は試験情報の速報をはじめ受験者の学習を支援するほか、最新法務の動 向を提供する便利な実用法律誌として注目を浴びています。