(画像をクリックすると
詳細が見れます)


定価 (本体1,545円+税)

bjh@chuokeizai.co.jp

3月号のおしらせ  1月21日発売


【特集1】「対話」の潮流をつかむ
     株主総会2020

 
 2019 年6 月総会では,株主提案が過去最高を記録しました。CG コードの各原則への対応も定着しつ つある今,株主の求める株主総会の姿に変わりつつあります。となれば,今後ますます必要となるのは各社の工夫。「対話」の促進に向けた総会当日の取組みもさることながら,招集通知の記載方法や議決権行使 基準の動向についても,事前のリサーチが肝心です。 本特集では,2019年総会を振り返りながら,本年度の総会に向けた準備のポイントにつき丁寧に解説 しました。株主の信頼を勝ち得るためにできることは何かを考える題材として,ぜひともご活用ください。


・お土産の是非,機関投資家との建設的対話,社外取締役の説明責任
 2020 年株主総会 環境整備の工夫●松山 遙

・電子提供制度を見据えた対応を
 招集通知の任意開示,インターネット開示の最新トレンド●新見麻里子

・取締役会構成,社外取選任基準,株式報酬の希薄化率
 議決権行使基準の比較と分析●塚本英巨

・2019 年の提案内容・最新議論を押さえる
 活発化する株主提案の動向と実務対応●太田 洋/松原大祐/政安慶一

・役員報酬,パワハラ問題,市場再編等
 2020 年総会の質問予想テーマと準備のポイント●奥山健志

・column 新たな株主総会像
──ハイブリッド型バーチャル株主総会の議論●北村雅史


 
【特集2 】働き方改革の実現に向けた
「労働時間」管理の実務


・日本人の「働き方」と「労働時間」再考のポイント
――労働経済学の視点から●八代尚宏

・多様な働き方における「労働時間」該当性と管理のあり方●荒井太一/原田 昂

・Q&A で検討する「労働時間」該当性
総論  正しい「目線合わせ」のために●小鍛冶広道
Q1 移動時間①/Q2 移動時間②/Q3 企業外研修/Q4 小集団活動●町田悠生子
Q5 着替え時間/Q6 自己研鑽/Q7 ゴルフコンペ●小山博章
Q8 不活動仮眠時間/Q9 SE の電話当番/Q10 入院検査●湊 祐樹
Q11 接 待/Q12 休憩時間/Q13 持ち帰り残業●西頭英明

【特別企画】
・2019 年に起きた企業不祥事とコンプライアンス強化へ向けた示唆●山口利昭

【地平線】
・令和元年会社法改正における
取締役報酬に関する規律の意義と実務への期待●田中 亘

【Trend Eye】
・HFT は「悪」か?
株式の高速取引が及ぼす日本市場への影響●芳賀 良

【特別収録】

・ 2019 年12 月8日実施
第46 回 ビジネス実務法務検定試験1級問題・解説

【実務解説】
・投資・貿易規制の強化,個人情報保護の拡大等
海外法務ニュース2020●石田雅彦

・「外商投資法」施行でどう変わる?
中国企業との技術ライセンス契約締結の実務●戸田一成/唐 紅海

・行動ターゲティング広告と日米欧のプライバシー保護規制(上)●鈴木翔平/松永耕明

・サブスクリプション・サービスの法的留意点(下)
――サービス・モデル別の検討●中本緑吾

・他社の営業秘密侵害防止のための視座と対応策●佐藤力哉


【連載】
・ 最新判例アンテナ 
第23回 売買の目的物である不動産に存した抵当権の実行に関し,民法567 条に基づく 買主の売主に対する損害賠償請求が認容された事例 ●三笘 裕/小林雅人

・株式会社以外のビークルの実務
第1回 ビークルのアウトライン●鈴木龍介/早川将和

・要件事実・事実認定論の根本的課題 ── その原点から将来まで
第26 回 法定債権・本連載のまとめ ――新民法(債権関係)における要件事実の若干の問題●伊藤滋夫

・トークン・ビジネス法務入門
第3回 権利を表章するトークンの民事法上の取扱い●芝 章浩

・対話で学ぶ 法務対応の勘所
第4回 Claim Letter 対応●大串嘉誉

・世界の法律実務・遊歩録
第5回 「裁判官も人間」●サマンサ・タン

・債権法改正 企業対応の総点検
第9回 債務不履行に関する債権法改正の留意点● 齋藤伸一

・ストーリーでわかる 訴訟手続の基本(民事編)
第5回 証拠調期日●大久保由美/福谷賢典

・ ロイヤーの使い方を押さえる! 法務のための英単語辞典
第11回 「規定する」「定める」等を表す表現●豊島 真

・ 証拠からみる 独禁法違反認定の鍵
第2回 安藤造園土木事件●向 宣明

・LEGAL HEADLINES
第104回 証券取引等監視委員会,「コーポレート・ガバナンスの状況」に関する虚偽記載で初の課徴金勧告●森・濱田松本法律事務所 編

【お知らせ】 編集部の都合により,本号では「米国ジョイントベンチャーの最新実務」第4 回,「『個人情報保護法』世界の最新動向」第3回 は休載とさせて頂きます。

定期購読のお申し込みはこちら

公式Twitter

【第46回ビジネス実務法務検定試験 速報】









ビジネス実務法務検定試験とは?
東京商工会議所がビジネスマンのリーガルマインドを育てるため創設した「ビジネス実務法務検定試験」の唯一のオフィシャル・マガジン。本誌は試験情報の速報をはじめ受験者の学習を支援するほか、最新法務の動 向を提供する便利な実用法律誌として注目を浴びています。