(画像をクリックすると
詳細が見れます)


定価 (本体1,463円+税)

bjh@chuokeizai.co.jp

5月号のおしらせ  3月20日発売

【特集1】
不当表示を防ぎ,効果的な宣伝を促進する
広告審査法務の実践
不当表示規制の執行状況と
課徴金制度により顕在化した実務上の課題
(木川和広/後藤直之)

・媒体の変化に対応したガイドラインにみる
打消し表示の執行状況と最新実務
( 染谷隆明 )

「最近相当期間」といえますか?
二重価格表示の執行状況と最新実務

( 古川昌平)
事例で鍛える!
広告審査の着眼点と具体的な修正提案
(松田知丈/嶋村直登)

・花王株式会社
消費者目線の優良誤認防止の工夫

(小川英子)

・パナソニック株式会社
表示管理体制の構築・徹底と担当者の心構え

(中尾雄一)


・サントリーホールディングス株式会社
時代の変化に対応する表示審査と法務組織

(明司雅宏)
【特集2】
M&A契約書審査の基礎

M&A 契約書の読み方と契約交渉の基本
――株式譲渡契約を中心に
(江本康能)

・ 6つのチェック項目を押さえる
海外M&A契約書のレビューポイント
(根橋弘之)

三井物産株式会社
M&A案件を効率的に進める体制とマインドセット

(大串嘉誉)


【実務解説】
法務部門は防げるのか?
日産自動車事件にみる「経営者不正」への向き合い方
(山口利昭)

個人情報保護委員会「補完的ルール」をふまえた
十分性認定以後のGDPR・個人情報保護法対応
(野呂悠登)

取引形態,事業目的,法令の趣旨等を確認
税負担減少をもたらす取引の契約審査上の留意点
(手塚崇史)

2つのパターンにみる
事業報告等と有価証券報告書の一体的開示に関する記載例の解説
(中村慎二)

国内外におけるリスクマネジメントを図るには?
国際的不祥事に対応した第三者委員会の運用モデル
(蔵元左近)

デジタル・プラットフォームをめぐる取引環境整備の現状と課題
(小川聖史)

対立を超えて,建設的な議論を導くためのアプローチ
不祥事対応における法務部門・広報部門の連携
(鈴木悠介)


契約,コンプライアンスの視点で検討
自然災害発生に係る法務担当者の平時対応
(落合孝文/森田樹理加)

【地平線】

産業革新投資機構の挫折に日本経済の将来を憂う
(宍戸善一)

【TREND EYE】

近時の高齢者雇用の傾向と法的課題
(岡芹健夫)
『読者アンケート』募集中! (こちらから)

定期購読のお申し込みはこちら

【第44回ビジネス実務法務検定試験】













年間購読料
1年間  16,800円(税込)
2年間  31,000円(税込)







「法務のお悩み相談」の応募はこちらから!


ビジネス実務法務検定試験とは?
東京商工会議所がビジネスマンのリーガルマインドを育てるため創設した「ビジネス実務法務検定試験」の唯一のオフィシャル・マガジン。本誌は試験情報の速報をはじめ受験者の学習を支援するほか、最新法務の動 向を提供する便利な実用法律誌として注目を浴びています。