(画像をクリックすると
詳細が見れます)


定価 (本体1,463円+税)

bjh@chuokeizai.co.jp

10月号のおしらせ  8月21日発売

【特集1】
経験者の独自メソッドに学ぶ
「一人法務」の心得
業務範囲・ワークフローはどのように決める?
ゼロから始める「一人法務」の体制整備
(橋浦尚志)

・2人目採用を意識し,属人性の排除を
継続的な業務改善のコツ
(片岡玄一)

法学未修者が「一人法務」になったら?
法律論の基礎と企業法務のリーガルマインド
(品川皓亮)

時間・人員の不足を戦略的に克服する
契約業務プロセスの構築
(齊藤友紀)

信頼される「一人法務」になるための
社内・社外折衝における工夫
(小林洋光)

法務専門の人材コンサルタントが教える
「一人法務」採用企業の動向と求職者の適性
(松本宣幸)


いつ・どのような人を採るべきか?
2人目採用・組織設計のポイント
(伊藤正人)

Column ① 寄り添い法務のススメ
(小関綾子)
Column ② 創意工夫し「サボる」を心掛ける
(エンターテインメント系IT 企業法務担当者)
Column ③「 一人」法務≠「独り」法務
(IT 企業法務担当者)
Column ④ 外部弁護士を最大限活用する方法
(桐山直也)
Column ⑤ 業務品質向上のための4つの能力
(堀切一成)
Column ⑥ ジェネラル・カウンセルとしての一人法務
(堀籠 雄)
Column ⑦ 一人法務のキャリア設計
(小倉 大)
【特集2】
オープンイノベーションを成功に導く
共同研究開発契約の留意点
共同研究開発の最新動向と特有の契約課題
(栁下彰彦)

・当事者間の齟齬を防ぐ
契約書作成上の4つのポイント
(和田祐造)

実効的な共同研究/開発を実施するためのプロセスと工夫
(八田裕之/村上慎也)

開発の進捗に応じた柔軟な対応を
共同研究開発のベストプラクティス
(吉田麻子)

・ Column 大学研究室側の事情
(梅田綾子)

【Law の論点】
「 一票の格差訴訟」の成果と課題
(升永英俊)

【実務解説】
株主提案の内容・賛成率に変化
2019 年6 月総会振り返り
(阿部真理子)

「公正なM&Aの在り方に関する指針」の概要と実務上の留意点(下)
(西村修一/濱口耕輔)

法務関連5項目をリストアップ
「成長戦略実行計画」の要点解説
(吉井一洋/横山 淳/金本悠希/是枝俊悟/藤野大輝)

中央労働委員会の判断基準にみる
コンビニオーナーの「労働者性」
(金井高志/藤井直芳)

外国企業の事業リスクが大幅に低減
中国知財関連法の最新改正と企業実務への影響
(原 洁)

ガバナンス改革の注目点となるか
社外取締役を取締役会議長とする際の留意点
(塚本英巨)

争う・争わないの判断ポイントは?
税務争訟の全体像
(岩品信明)

複雑化する現代取引における「注意義務」を再考する
過失の認定基準とリスク回避・低減へ向けたロードマップ
(遠藤元一)

アメリカにおけるコーポレート・ガバナンスをめぐる 視点の転換と日本への示唆 
(佐藤 剛)

海外リモートアクセスをめぐる諸問

――事業者の現実的リスクとしてのサイバー事件捜査
(板倉陽一郎)


【地平線】

「 Nice Compliance」の追求を ――弁護士が果たすべき役割
(今井和男)

【TREND EYE】

日産は“日本企業”か?
比較コーポレート・ガバナンスから検討する日産・ゴーン事件の教訓

(ブルース・アロンソン)
『読者アンケート』募集中! (こちらから)

定期購読のお申し込みはこちら

【第45回ビジネス実務法務検定試験】













年間購読料
1年間  16,800円(税込)
2年間  31,000円(税込)







「法務のお悩み相談」の応募はこちらから!


ビジネス実務法務検定試験とは?
東京商工会議所がビジネスマンのリーガルマインドを育てるため創設した「ビジネス実務法務検定試験」の唯一のオフィシャル・マガジン。本誌は試験情報の速報をはじめ受験者の学習を支援するほか、最新法務の動 向を提供する便利な実用法律誌として注目を浴びています。