(画像をクリックすると
詳細が見れます)


定価 (本体1,463円+税)

bjh@chuokeizai.co.jp

8月号のおしらせ  6月21日発売

【特集1】
改訂コード,対話ガイドラインに対応
これからのガバナンス改革

資本コストの的確な把握で攻める
投資家と企業の対話に期待すること

(小口俊朗)

数値にみるあるべき姿
独立社外取締役と取締役会構成

(酒井 功)

指名委員会等を適切に活用する
CEO選解任手続と後継者計画の策定・運用

(濱口耕輔小宮慶久)

コードの要求事項と一歩先の対応
政策保有株式の縮減と開示

(後藤晃輔)

スチュワードシップ責任を果たすカギは?
企業年金のアセットオーナーとしての実務対応

(市川佐知子)

【特別企画】
“非上場企業”コーポレート・ガバナンスの勘所
非上場企業の2大課題を克服する
プチ・コーポレートガバナンスのすすめ
(小塚荘一郎)

・非上場企業が取り入れるべきCGコードの要素
(淵邊善彦藤井康太)

国際比較・経済分析で検討するガバナンスの強化
(太宰北斗)



【特集2】
品質不正への実効的対応
法務担当者・弁護士が対談
品質不正を防ぐ「守れるルール」とは

(蔵元左近/真杉敬蔵)

・ 調査報告書の指摘事項にみる
予防・再発防止のポイン

(原 雅宣 )

公表の要否と適否を考える
データ偽装発覚直後の対応

(山内洋嗣/千原 剛 )

・補償の範囲と再発防止策の実効性の検証
データ偽装問題の事後処理

(宮谷 隆/山内洋嗣/金山貴昭 )


【LAWの論点】
人材市場における労働法と独占禁止法の役割
─「人材と競争政策に関する検討会報告書」をふまえて

(
荒木尚志)

【実務解説】
「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」対応上の留意点(下)

(塩崎彰久/眞武慶彦)

標準必須特許(SEP)利用・交渉における実務ポイント
(石原尚子)

グローバル水準の不正調査のあり方
─“ガラパゴス的対応”からの脱却

(小林英明/深水大輔)

「AI・データの利用に関する契約ガイドライン(AI編)」(案)に読む
AI開発契約実務の課題

(柿沼太一)

【地平線】
新コード,対話ガイドラインが求める「待ったなし」の経営改革
三瓶裕喜

【Trend Eye】

指導と暴力の境目は? 
スポーツにおけるパワハラ認定
(関谷健太朗)

<試験関係>
ビジネス実務法務検定試験(1級)演習問題
『読者アンケート』募集中! (こちらから)

定期購読のお申し込みはこちら

【第43回ビジネス実務法務検定試験】













年間購読料
1年間  16,800円(税込)
2年間  31,000円(税込)







「法務のお悩み相談」の応募はこちらから!


ビジネス実務法務検定試験とは?
東京商工会議所がビジネスマンのリーガルマインドを育てるため創設した「ビジネス実務法務検定試験」の唯一のオフィシャル・マガジン。本誌は試験情報の速報をはじめ受験者の学習を支援するほか、最新法務の動 向を提供する便利な実用法律誌として注目を浴びています。