ビジネス法務 2008年3月号 
------------------------------------------------------------------

◆特 集 1  

 

食品不祥事克服の法務
不祥事対応にみる
危機管理マニュアル

特別インタビュー 〜中島茂弁護士に聞く〜
食品不祥事は克服できるか―法令遵守のための食品会社への提言

 (弁護士 中島 茂 /中島経営法律事務所)

食品業界に潜む法律問題とリスクマネジメント

 (弁護士 石原 修/TMI総合法律事務所)

―消費者の信頼を勝ち取る―最強のインナーブランディング

 (経営コンサルタント 甲斐荘 正晃 /株式会社KAINOSHO)

有効な内部通報システムはトップの姿勢で決まる

(弁護士 結城大輔 /のぞみ総合法律事務所)

個人情報漏えいリスクへの潟Aイネスの対応

(管理本部 リスク管理室長 竹内一夫  /株式会社アイネス)

特別収録 座談会 
法曹資格を持たないロースクール修了者の
企業での採用を考える
金原洋一(司会)×太田 洋×鳥海 修×牧野和夫
[実務記事] 
外為法に基づく対内投資規制見直しの要点

(課長補佐 南部友成 / 経済産業省 貿易経済協力局 通商金融・経済協力課)

入社前研修、試用期間中の人事労務
有効・適法な採用内定の取扱い

(弁護士 外井浩志 /外井法律事務所)

これだけはおさえておきたい
中小企業の定款モデルチェック事項

 (弁護士 小澤和彦 / ひかり総合法律事務所)

◆特別企画

明日を決める知財法務

厳しくなったってホント?
裁判所における特許無効の判断基準

(弁護士 窪田英一郎/ ロヴェルズ法律事務所外国法共同事業)

キヤノン・インクタンク最高裁判決

(弁護士 飯田耕一郎 / 森・濱田松本法律事務所)

前代未聞! 米国「改正特許規則」の差止め

(弁護士 矢口太郎 / 恵泉国際特許・法律事務所)

【連載】
 法務プロフェッショナル養成講座
−最新判例にみる担保権と債権回収−
第3回 「債権の差押え」

(弁護士 岡本 優/あさひ法律事務所)

新連載 法務&アウェイ

(弁護士 高井伸夫 / 高井伸夫法律事務所)

コンプライアンス事件簿 File No.04 「確信犯型コンプライアンス違反」

(弁護士 栗原正一 / 中島経営法律事務所 )

Brush Up 月刊! M&A動向 

(経営戦略研究所 藤島裕三/ 大和総研)

独禁法実務の羅針盤 
第9回 景品・懸賞 どこまでOK? 

(弁護士 大橋卓生 /シティユーワ法律事務所 独禁法業務グループ)

今さら聞けない企業法務の基本
・会社法分野

(弁護士 中森 亘 /北浜法律事務所・外国法共同事業)

・知的財産法分野

(弁護士 高石秀樹 /中村合同特許法律事務所)

・労働法分野

(弁護士 榎本英紀 /狩野・榎本・岡法律事務所)

◆コラム◆
【地平線】
生活の基盤となる食品コンプライアンス

(社団法人 日本食品衛生協会理事長・医学博士 玉木 武 )

【TREND EYE】
独禁法・景表法「団体訴訟制度」導入への考察

 (弁護士 鈴木祐一 / 八重洲総合法律事務所)

【NEWSEXPRESS】
第一生命が株式会社への転換を表明,特別法人税凍結3年延長へ 他
第23回試験対策
ビジネス実務法務検定試験 1・2・3級演習問題