ビジネス法務 2008年1月号 
------------------------------------------------------------------

◆特 集 1  

 
<リーガルレビュー> 

企業法務2008年への10の焦点

T 買収防衛策発動に初の司法判断

 (弁護士 葉玉匡美・弁護士 白石和泰/TMI総合法律事務所)

U 三角合併解禁−実例も登場

 (弁護士 淵邊善彦・弁護士 柏 健吾/TMI総合法律事務所)

V 企業結合ガイドライン改正−活発化する業界再編

 (弁護士 鳥海哲郎・弁護士 樋口陽介/TMI総合法律事務所)

W 金融商品取引法の完全施行−ファンドの規制強化

(弁護士 中西健太郎・弁護士 秋本 壮/TMI総合法律事務所)

X 企業不祥事続出の年−問われる「情報」の管理

(弁護士 中村勝彦・弁護士 太田知成 /TMI総合法律事務所)

Y 新信託法が施行−80年ぶりの大改正

(弁護士 高山崇彦・弁護士 松下 茜/TMI総合法律事務所)

Z 今後も注目 知的財産保護の強化

(弁護士 中村勝彦・弁護士 宮澤昭介/TMI総合法律事務所)

[ 高まる労務コンプライアンスの重要性−立法行政が後押し

(弁護士 藤井 基・弁護士 尾形和哉/TMI総合法律事務所)

\ 環境リスクの顕在化

(弁護士 淵邊善彦・弁護士 門伝明子/TMI総合法律事務所)

] 消費者保護規制の大幅強化

(弁護士 藤原道子・弁護士 加藤恭子/TMI総合法律事務所)

[実務記事] 
適法ラインを探る 公開買付け時の株主情報の取得と勧誘

(弁護士 赤上博人 / アンダーソン・毛利・常松法律事務所)

−法務がサポート−ベンチャー企業の資金調達戦略

(弁護士 大村 健 /弁護士法人かすが総合)

ケース・スタディ 役員のための内部統制

 (教授・弁護士 伊勢田道仁 / 関西学院大学法学部・イデア総合法律事務所)

新しい信託法における登記実務(前)

(司法書士 鈴木龍介・司法書士 石井孝幸 /司法書士法人 鈴木事務所)

◆特集 2
施行後1年半

検証 見えてきた会社法の新実務

買収防衛策に係る留意事項

(弁護士 森田恒平 / 森・濱田松本法律事務所)

ストックオプションとしての新株予約権の発行手続

(弁護士 奥山健志 / 森・濱田松本法律事務所)

三角合併をめぐる実務上の諸問題

(弁護士 東條康一 / 森・濱田松本法律事務所)

全部取得条項付種類株式を用いた完全子会社化

(弁護士 渡辺邦広/森・濱田松本法律事務所)

2007年定時株主総会を経て見えてきた問題点

(弁護士 山中 修/森・濱田松本法律事務所)

【連載】
新連載 法務プロフェッショナル養成講座
−最新判例にみる担保権と債権回収
ここまでやろう! 財務報告に係る内部統制
第2回 最低水準をクリアするために知っておくべき「重要な欠陥」とは

(公認会計士 佐藤秀明 / 新日本監査法人)

コンプライアンス事件簿 File No.01 「二重の隠蔽」

(弁護士 栗原正一 / 中島経営法律事務所 )

Brush Up 月刊! M&A動向 

(経営戦略研究所 藤島裕三/ 大和総研)

国際取引法務修行V 新人教育編(16)

(北島敬之/ユニリーバジャパン株式会社 法務部)

内部統制の「評価・報告」対策
最終回 在外子会社等の内部統制評価・報告

 (弁護士 長谷川俊明/長谷川俊明法律事務所)

独禁法実務の羅針盤 
第7回 企業結合の規制と手続

(弁護士 小杉麻弥 /シティユーワ法律事務所 独禁法業務グループ)

改正史から読み解く 会社法の問題点
第10回 昭和・平成商法改正と会社法−資本制度を中心に<後>

(教授 稲葉威雄 / 早稲田大学大学院法務研究科)

企業法務部を訪問しよう!第23回 
(株式会社ファンケル)
今さら聞けない企業法務の基本
・知的財産法分野

(弁護士 外村玲子 /中村合同特許法律事務所)

◆コラム◆
【地平線】
わが国らしい経済社会の実現を目指して

(法務大臣 鳩山邦夫 )

【TREND EYE】
知ってもらいたい「仲裁」のビジネス紛争解決力

 (社団法人日本商事仲裁協会 / 中村達也)

【NEWSEXPRESS】
公取委が独禁法改正の基本方針を公表  他
<Pick Up 法律実務書>
「組織再編の手続 法務企画から登記まで」
第22回試験対策
ビジネス実務法務検定試験 1・2級演習問題