ビジネス法務 4月号 
  2月21日発売

 インタビュー  弁護士鳥飼重和
「強い経営者」をアピールできる総会運営を――
平成17年
株主総会 新法対応ポイント想定問答
今年の株主総会特集第1弾は,本年度の傾向から招集通知の記載・定款変更,想定問答までの実務を各種法令に対応して解説。昨年と大幅な変更点がないと言われる一方で,株主総会のスペシャリストたちは総会のあり方の変容を指摘しています。株主からの要求を重く受け止めて,経営を動かしていく機動力とすることで,情報開示や内部統制が推進されていくという動きがみえてきました。また,主役である議長がいかに魅力的に会社をアピールして「ファン」を増やしていけるかは,持合いが崩れた現在,切実な問題です。「劇場型」ともいえる新しい株主総会の姿が,主流となる日も近いのかもしれません。

重要ポイント早わかり 今年の総会検討事項

(松山 遙/日比谷パーク法律事務所 弁護士)

改正法に対応した 招集通知の記載と定款変更

(松山 遙/日比谷パーク法律事務所 弁護士)

想定問答作成手順と回答例

(大塚和成/日比谷パーク法律事務所 弁護士)

商法・証券取引法の視点から再考する
「西武・コクド事件」

(志谷匡史/神戸大学法学部 教授)

保証制度見直し・動産登記制度創設・現代語化
民法大改正の実務への影響

(池田真朗/慶應義塾大学大学院法務研究科 教授)

平成17年通常国会提出
一覧表・要点解説でわかる 重要ビジネス関連法案

(西澤利夫/参議院法務委員会調査室 首席調査員)

 短期集中企画  突然の災害に負けない 社内の体制整備
第1回 地震から本社機能を守る

(茂木 寿/東京海上日動リスクコンサルティング(株))

 新・会社法対応  
会社法制の現代化後の新税制を考える

(佐藤正樹/税理士法人渡邊芳樹事務所 公認会計士・税理士)

【連載】会社法の「現代化」後の戦略法務 敵対的買収からの企業防衛

(末永敏和/大阪大学法学部 教授)

◆コラム◆
【地平線】
「CSRは経済活動の「前提」」
(秋山をね/株式会社インテグレックス代表取締役社長)
【TREND EYE】
当初構想からかけ離れた法科大学院の合格率
(牧野和夫/国士舘大学法学部教授)
【NEWSEXPRESS】
青色LED訴訟で日亜化学工業と中村教授が和解 他

ビジネス実務法務検定試験 演習問題

受験ガイド
【1級】問題・参考解答例・解説
■【2級】問題・解答・解説
■【3級】問題・解答・解説

トップページへ戻る