ビジネス法務 1月号 
  11月21日発売

雇用スタイルの多様化で急増!
人と「会社」の法律トラブルQ&A

 正社員として定年まで1つの会社で働く」という時代が終わり,さまざまな雇用スタイルが生まれるなかで新しい労務トラブルが顕在化してきています。本特集では,「営業秘密の保護」「社員の引抜き」といった,企業が直面する身近な問題から,新法令の施行等への対応等の最新トピックまで,いますぐ検討すべき重要テーマを収録しています。迅速・適切な対応がリスクを軽減し,企業活性化への鍵になるはずです。

正社員とパートタイマーの処遇格差はどこまで認められる?

(深津伸子/ロア・ユナイテッド法律事務所 社会保険労務士)

どうなる?個人情報保護法施行にともなう人事・健康管理情報の取扱い

(木原康雄/ロア・ユナイテッド法律事務所 弁護士)

社員が「うつ病」に。解雇することはできる?

(筒井 剛/ロア・ユナイテッド法律事務所 弁護士)

社員が会社の情報を不正に持ち出してしまったら?

(三上安雄/ひかり協同法律事務所 弁護士)

退職者の競業行為を防止したい

(石居 茜/ロア・ユナイテッド法律事務所 弁護士)

企業再編時の社員の取扱いはどうなる?

(船橋茂紀/ノイエスト総合法律事務所 弁護士)

改正破産法で労働債権の保護範囲が拡大!

(岩出 誠/ロア・ユナイテッド法律事務所 弁護士)

 新春インタビュー  中央大学法科大学院教授/森・濱田松本法律事務所客員弁護士             野村修也氏が語る
「’05年・これからの法務と法学教育」
―いま必要なものは自由度の高いルールと絶妙なレフェリー
15〜17年施行・改正商法対応
株主総会実務のポイント整理

(小山秀之/UFJ信託銀行(株)証券代行部)

秋の臨時国会提出
一覧表+要点解説でわかる重要ビジネス関連法案

(西澤利夫/参議院法務委員会調査室 主席調査員)

◆コラム◆
【地平線】
「独占禁止法改正の行方」
(北城恪太郎/社団法人経済同友会 代表幹事)
【TREND EYE】
経営戦略において企業法務が果たすべき役割
(武井一浩/西村ときわ法律事務所)
【NEWSEXPRESS】
清算が終わった会社の帳簿等の閲覧請求権を否定―最高裁判決 他

ビジネス実務法務検定試験 3級対策特集

受験ガイド
■3級合格へのアドバイス
■【項目別】過去問分析表
■新法・改正法・新制度等
■模擬試験
■参考解答例・解説

トップページへ戻る