査読付き論文コーナー創設にあたって
―ACC Peer-Reviewed―

近年,インターネットの普及により,内外問わず会計に関する様々な情報に容易に触れることができるようになり,雑誌媒体にはそれらの情報とは差異化された付加価値のより高い情報が求められています。小誌では,その情報ニーズに応えるために新たな試みを模索し,この度そうした試みの1つとして,これまで以上に信頼性の高い研究の成果を読者の皆さまに提供するため,「査読付き論文コーナー」を設けることといたしました。
(※)この査読付き論文については,通常の論文その他特集等の記事と区別し,掲載いたします。

「査読付き論文コーナー」編集委員会を代表して   編集長 斎藤静樹(東京大学名誉教授)

このコーナーは,会計の機能や制度に関する基礎的な研究成果の発信を目的に査読付きの論文を掲載します。編集にあたっては,@学術誌としての性格を堅持すること,A基礎的な研究を重視すること,B海外の研究動向に留意しつつ,日本語での発信に期待される役割を考慮すること,を基本原則とします。会計の基礎研究にとって重要な課題でありながら,海外で情報発信の機会が限られているものを含めて,この趣旨に沿った投稿を歓迎します。
(※)制度や実務の解説や提言を中心とする論文は対象ではありません。

投稿方法

投稿要項,執筆要項をご確認のうえ,専用ウェブサイトの投稿フォーム,またはメール(acc-pr@chuokeizai.co.jp)にて投稿してください。詳細は専用ウェブサイトをご確認ください。

「新型コロナ危機下のビジネス実務」
ウェブサイト設立のお知らせ

当社・中央経済社は,新型コロナ危機で噴出するビジネス実務(法務・会計・税務)の疑問点に関する情報を発信していくべく,このたび「新型コロナ危機下のビジネス実務」(アクセスはこちら)を立ち上げました。
 弊誌とあわせて,本サイトもご活用いただけますと幸いです。

《連載「Pythonではじめる会計データサイエンス」データのダウンロード》


transaction_data.csv

連載
Scope Eye
IoT時代のサプライチェーンセキュリティ 東京電機大学研究推進社会連携センター 顧問 客員教授
佐々木良一
会計時評
財務会計における理論研究の課題 池田幸典
Salon de Critique
監査報告書からみえるインサイダー取引 坂根純輝
特集

「会えない」「動けない」
リモート決算・監査を
どう乗り越えるか?
経理部門の対応@
――平時から業務をブラッシュアップする
瀬戸 学
経理部門の対応A
――DX化の加速で企業文化を変革する
益田良夫
監査役の対応
――日常的な連携の中で策を生み出す
吉武 一
会計監査人の対応
――ビジネスの基本方針・戦略を再定義する
持永勇一
Interview
決算発表・株主総会対応・テレワークの実際
――日本CFO協会・日本CHRO協会のアンケート調査第3弾をもとに
中田清穂
伊藤 薫
金融庁解説
見積りの開示基準・会計方針の開示基準・改正収益認識基準等の公表に伴う
改正財務諸表等規則等の解説
小作恵右
村瀬正貴
前田和哉
鰺坂弘樹
時事解説
2020年6月株主総会振り返り!
真価が問われるESG経営
小林正昭
IFRS第17号「保険契約」の改正 川端 稔
2号連続企画
経理・財務部 ウェブミーティング成功の秘訣
 「司会者」の技術がすべてを決める
山本浩二
テキストマイニングでみえてきた 日本企業開示の特徴
 全上場企業15年分・のべ55,000社の有報記述情報分析
矢澤憲一
伊藤健顕
金 鉉玉
連載
ニュートンの力学で考える企業会計
 複数期間における利益操作の効果
田村威文
会計「諺」則
 ルーズソックスで行こう!
引頭麻実
解題深書
 会計プロフェッションの倫理を考える
金子裕子
Pythonではじめる会計データサイエンス
 会計データの異常検知をしよう
野呂祐介
主要論点をピックアップ 収益認識のポジション・ペーパー記載術(後編)
 財またはサービスに対する保証と返品権付きの販売
高田康行
相談室Q&A
〔法人税務〕テレワーク関連費用を会社が負担する場合の取扱い 佐久間裕幸
〔会社法務〕ハンコ手続見直しを 「押印についてのQ&A」の概要 谷口行海
書評
河ア照行編著『会計制度のパラダイムシフト』 徳賀芳弘
安藤英義・新田忠誓編著『森田哲彌学説の研究』 藤井秀樹

COLOR SECTION

三角波
 IASB「基本財務諸表」プロジェクトの動向
OUTSIDE
 存在感増す米SASB 小平龍四郎
経理・財務最前線
咳ALTAC
 社員自ら作り上げたPALTAC初の「統合報告書」 原 繭子
簿記普及の知られざる立役者たち
 遠藤敬止(下) 松本和明
鳥羽教授走る!
What’s Accounting/Auditing Research?
 会計改革――隗より始めよ 鳥羽至英

            
              
 編集室より
△新型コロナウイルスの感染者数は,第2波といえるほど増え続けており,テレワークがますます常態化すると予想されます。しかし,テレワーク下での業務遂行には,コミュニケーションがとれない,資料の閲覧ができない等多くの問題が噴出し,読者諸兄の悩みも大きいことでしょう。本号特集「リモート決算・監査をどう乗り越えるか?」では,コロナ禍での2020年3月期の経験をもとに,今後どのように対応すべきかを検討。現在,「ビジネス全体の再定義が求められている」(持永稿,36頁)ほどのイレギュラーな状態は,「ガラパゴス化していた部分が多々発見」(瀬戸稿,21頁)されるなど業務プロセスを再構築するチャンスです。まずは「実際,どうだったか」を知ることから始めてはいかがでしょうか。
△近年,記述情報の開示は企業と投資家の建設的な対話促進に資するとの観点から,制度的にも実態的にも充実が図られています。しかし,情報量が増大する一方,投資家等はより効果的・効率的な意思決定のためどう読み解くか,企業は良好なコミュニケーションのためどう発信していくべきか模索中と思われます。2号連続企画「テキストマイニングでみえてきた日本企業開示の特徴」の第1回目では,全上場企業の有報の記述情報をテキストマイニングの手法により分析し,その実態と特徴を解明。本企画を,よりよい記述情報の開示と活用のヒントにしていただければ幸いです。
△本誌査読付論文コーナー創設から約2年。ようやく1本掲載が確定いたしました。編集委員会の先生方をはじめ,長期にわたり丁寧に査読をしていただいた査読者の先生,そして度重なる修正依頼に対応いただいた著者の先生に,厚く御礼申し上げます。なお,本論文は11月号に掲載予定とともに電子版も発売予定。本論文をベンチマークにさらに多くの投稿を期待しております。
 『企業会計』2020年11月号のご案内
〈特 集〉
早期適用事例を踏まえた
KAM対応ポイント
〈座談会〉
有報の記載充実で統合報告はどうなる?
(タイトル・テーマは予告なく変更する可能性がございます。)