査読付き論文コーナー創設にあたって
―ACC Peer-Reviewed―

近年,インターネットの普及により,内外問わず会計に関する様々な情報に容易に触れることができるようになり,雑誌媒体にはそれらの情報とは差異化された付加価値のより高い情報が求められています。小誌では,その情報ニーズに応えるために新たな試みを模索し,この度そうした試みの1つとして,これまで以上に信頼性の高い研究の成果を読者の皆さまに提供するため,「査読付き論文コーナー」を設けることといたしました。
(※)この査読付き論文については,通常の論文その他特集等の記事と区別し,掲載いたします。

「査読付き論文コーナー」編集委員会を代表して   編集長 斎藤静樹(東京大学名誉教授)

このコーナーは,会計の機能や制度に関する基礎的な研究成果の発信を目的に査読付きの論文を掲載します。編集にあたっては,@学術誌としての性格を堅持すること,A基礎的な研究を重視すること,B海外の研究動向に留意しつつ,日本語での発信に期待される役割を考慮すること,を基本原則とします。会計の基礎研究にとって重要な課題でありながら,海外で情報発信の機会が限られているものを含めて,この趣旨に沿った投稿を歓迎します。
(※)制度や実務の解説や提言を中心とする論文は対象ではありません。

投稿方法

投稿要項,執筆要項をご確認のうえ,専用ウェブサイトの投稿フォーム,またはメール(acc-pr@chuokeizai.co.jp)にて投稿してください。詳細は専用ウェブサイトをご確認ください。

                
Scope Eye
働きやすさを考える お茶の水女子大学教授
永瀬伸子
会計時評
経営管理の原点
――標準原価計算にみるPDCAサイクルと原価管理
安酸建二
Salon de Critique
2タイプの財務制限条項に期待される役割 中村亮介
特集
平成の黒い霧
会計・ガバナンスを揺るがせた大事件
政治とカネと会計責任:
リクルート事件で幕を開けた平成
醍醐  聰
経営者による会社の「私物化」:
イトマン事件,大王製紙事件,日産自動車事件
尾崎安央
バブル崩壊と金融大再編:
山一,長銀,日債銀の破たん
窪田真之
短期主義とコーポレートガバナンス:
村上ファンド事件,ライブドア事件
牛島  信
平成の大型不正会計事件史:
カネボウ事件,オリンパス事件,東芝事件
亀岡恵理子
まさかあの会社が…平成の大型倒産:
そごう,マイカル,日本航空,タカタの破たん
友田信男
金融技術の発展の光と影:
オンライン取引,デリバティブ,証券化,仮想通貨
森下哲朗
自然災害と対峙する管理会計:
阪神・淡路大震災,東日本大震災
三矢  裕
佐々木郁子
年表―会計・ガバナンスの平成史
査読付き論文コーナー創設のお知らせ
Accounting News
金融庁解説
企業内容等の開示に関する内閣府令の改正 八木原栄二
岡村健史
堀内  隼
片岡素香
時事解説
中間試案からどこが変わった?
「会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱」のポイント
石井裕介
香川絢奈
論文
日本企業の国内・海外子会社に対する予算管理は成果を生むか?
2018年度実態調査・比較分析を踏まえて
淺田孝幸
大浦啓輔
平井裕久
堀井悟志
プラス・カーサ社にみる
中小企業における管理会計の意義
浅田拓史
連載
会計「諺」則
 一字一句変えないで書き直す
堀江正之
Accounting Great Books 2nd
 木村重義『新版 会計原則コンメンタール』A
阿部光成
日米比較でわかる コーポレートガバナンス
 開示
長谷川茂男
書評
安藤英義編『会計における責任概念の歴史』 中野常男
相談室Q&A
〔法人税務〕決算前に知っておきたい 所得拡大促進税制の改正ポイント 佐久間裕幸
〔会社法務〕テレワーク導入・運用時の労務管理の留意点 武田彩香
講演録
津守常弘教授の特別講演:日本会計研究学会第68回関西部会より 石光  裕
学会ルポ
アジア太平洋管理会計学会2018年度年次大会 松岡孝介

COLOR SECTION

三角波
 ダウンロード規制の強化,一体誰のため?
OUTSIDE
 市場区分見直しの震度 前田昌孝
経理・財務最前線                 HITOWAホールディングス
 コーポレートガバナンスに思うこと 清水康成
『論語と算盤』に学ぶ会計人の心得
 仁義と富貴:よく集めよく散ぜよ 杉山里枝
私の学問遍歴
 A経営学,会計学の研究・教育と大学経営 藤永 弘

            
              
 編集室より
△平成史を扱った資料をみると,必ずイチローや松井秀喜の名前が登場します。野球の華といえば本塁打で,かつての野球のスターは,王,落合,清原など,長距離砲が中心。そこに突如,目を見張るような大活躍で,スターダムにのし上がったのがイチローでした。打撃・送球技術はもちろん,点にからまないシーンでも常に全力プレーを貫きとおすプロ精神。ライト深くからホームまで一直線のレーザービーム。二度と見ることができないのは残念ですが,彼が残してきた数々の伝説・逸話を語りついでいきたいですね。
△2月末にプラハを訪れました。旅行ガイドにはこの時期の平均気温は0度とあったため,防寒着をたくさん詰め込んで行ってみると,現地のガイドの方もびっくりするほどの暖かさ。単純に地球温暖化の影響とは決めつけられませんが,気候変動リスクを事業リスクとして捉えるべきという最近の論調に納得してしまうような気がしました。ESGは昨今よく耳にする言葉で,3月初旬に開催されたフォローアップ会議でも話題になりました。気候変動というと大きすぎるテーマですが,身近にその影響が感じられるとやはり自分に何ができるかと考えてみるきっかけになりますね。
△とうとう平成《最後》の号となりました。色々な思い出がありますが,2016年にお亡くなりになった広瀬義州先生がおっしゃった「切れば血が出るんだよ,会計は」との言葉は忘れられません。本号で取り上げた「黒い霧」を読めば,多くの犠牲者の上に現在の会計やガバナンスの制度が成り立っていることがわかります。「黒い霧」に隠された真実は何か。それは立ち位置によっても変わりうる「相対的真実」かもしれません。けれど,その「相対的」こそがAIでははかりしれない人間的なもので,人類の壮大でかつ永遠の研究テーマなのだと本誌に関わるなかで教わりました。
 『企業会計』2019年6月号のご案内
〈特 集〉
ようこそ
経理・財務へ

実践的!会計トレーニング
■ 経理・財務いまむかし
■ 経理・財務の心得
■ CFOの資質と役割
■ 経理・財務のための研修制度
■ 経理・財務の年間スケジュール
■ 経理・財務の仕事図鑑
■ AI・RPAで経理・財務がこれだけ変わる!?
■ 新人経理パーソンのためのブックガイド
(タイトル・テーマは予告なく変更する可能性がございます。)