査読付き論文コーナー創設にあたって
―ACC Peer-Reviewed―

近年,インターネットの普及により,内外問わず会計に関する様々な情報に容易に触れることができるようになり,雑誌媒体にはそれらの情報とは差異化された付加価値のより高い情報が求められています。小誌では,その情報ニーズに応えるために新たな試みを模索し,この度そうした試みの1つとして,これまで以上に信頼性の高い研究の成果を読者の皆さまに提供するため,「査読付き論文コーナー」を設けることといたしました。
(※)この査読付き論文については,通常の論文その他特集等の記事と区別し,掲載いたします。

「査読付き論文コーナー」編集委員会を代表して   編集長 斎藤静樹(東京大学名誉教授)

このコーナーは,会計の機能や制度に関する基礎的な研究成果の発信を目的に査読付きの論文を掲載します。編集にあたっては,@学術誌としての性格を堅持すること,A基礎的な研究を重視すること,B海外の研究動向に留意しつつ,日本語での発信に期待される役割を考慮すること,を基本原則とします。会計の基礎研究にとって重要な課題でありながら,海外で情報発信の機会が限られているものを含めて,この趣旨に沿った投稿を歓迎します。
(※)制度や実務の解説や提言を中心とする論文は対象ではありません。

投稿方法

投稿要項,執筆要項をご確認のうえ,専用ウェブサイトの投稿フォーム,またはメール(acc-pr@chuokeizai.co.jp)にて投稿してください。詳細は専用ウェブサイトをご確認ください。

「新型コロナ危機下のビジネス実務」
ウェブサイト設立のお知らせ

当社・中央経済社は,新型コロナ危機で噴出するビジネス実務(法務・会計・税務)の疑問点に関する情報を発信していくべく,このたび「新型コロナ危機下のビジネス実務」(アクセスはこちら)を立ち上げました。
 弊誌とあわせて,本サイトもご活用いただけますと幸いです。

《連載「Pythonではじめる会計データサイエンス」データのダウンロード》


demodata2.csv

tenkatei.csv

Scope Eye
コロナ禍における情報開示のあり方 鞄結桴リ券取引所 代表取締役社長
宮原幸一郎
会計時評
価格変動制の導入に貢献する顧客管理会計 青木章通
Salon de Critique
株主優待は企業にメリットをもたらすか? 酒井絢美
特集

経営のパラダイムシフトと
会計の再構築
総論 コロナ禍が浮き彫りにした管理会計の課題 高橋 賢
予算管理
――環境変化に柔軟に対応する
芳野剛史
在庫管理
――調達・製造・供給・棚卸の各局面で流動性を確保する
竹村純也
BCP(事業継続計画)
――感染症長期化と働き方改革を加味する
阿部裕樹
サプライチェーン
――生産性とレジリエンスを両立する
飯田泰治
業績評価
――在宅勤務時のカゴメのケース
冨森芳信
緊急企画
会計ビッグデータ活用の最前線
―「仕訳」を使えばここまでできる―
財務分析の解像度を上げる 市原直通
タイムリーな情報を可視化する 椎葉 淳
村上裕太郎
特別寄稿
感染症と「死」,そして企業経営
――戦前の日本社会から「コロナ後」を考える
清水 剛
時事解説
ペーパレス化のメリットを最大限に!
電子帳簿保存法の対応ポイント
齊藤佳明
会社法改正後の役員報酬制度と 信託スキームの法的位置づけ 松田良成
鈴木修平
新連載
ニュートンの力学で考える企業会計
 第1回 利益操作の手段
田村威文
連載
事例でわかる 収益認識会計基準等の代替的な取扱い
 契約に基づく収益認識の単位および取引価格の配分と工事契約等の収益認識の単位
浅井敬子
会計「諺」則
 It is hard work…but work hard!
阪 智香
解題深書
 会計監査はペニー合わせ
太田康広
Pythonではじめる会計データサイエンス
 会計データの特徴を理解して将来の売上を予測しよう
蜂谷悠希
法律の視点から考える! 監査意見における監査人の役割と責任
 監査人の責任とアドバイザリー業務における責任
峯岸健太郎
主要論点をピックアップ 収益認識のポジション・ペーパー記載術(後編)
 本人と代理人の区分(代理人の場合)
高田康行
相談室Q&A
〔法人税務〕上場企業で初の事例にみるスピンオフ税制のポイント 佐久間裕幸
書評
本田良巳『ヨーロッパの会計規制』 山口峰男
荒井耕『診療所の財務実態』 小菅正伸
小津稚加子『新興国・開発途上国の会計』 與三野禎倫

COLOR SECTION

三角波
 Withコロナの株主総会対応
OUTSIDE
 ESGと金融の新たな関係は? 小平龍四郎
経理・財務最前線
カルビー
 保守的な開示からの脱却を目指して 早川知佐
簿記普及の知られざる立役者たち
 外山脩造(下) 松本和明
鳥羽教授走る!
What’s Accounting/Auditing Research?
 Are you an Accountant, an Auditor, or an Economist? 鳥羽至英

            
              
 編集室より
△緊急事態宣言が解除されてから1カ月以上が経過し,町には徐々に「日常」が。混み始めた通勤電車にモヤモヤした不安を感じつつも,換気のために開けられた窓から流れ込む風には,心地よい清涼感を覚えます。感染症対策からはじまった取組みがちょっと良い毎日を作り出しているのです。今後は,こうした「変化」を重ねることで新たな日常が生み出されていくはずで,これは会計も同じ。今号の特集「経営のパラダイムシフトと会計の再構築」では,コロナショックで浮き彫りになった企業の課題を挙げ,その解決策を探っています。変化こそが生き残りのカギになるこれからの企業経営に,ぜひお役立てください。
△鉄血宰相ビスマルクの金言「賢者は歴史に学ぶ」にあるように,過去の類似事例から今できること・すべきことを学ぶのは有益です。清水剛先生による特別寄稿「感染症と『死』,そして企業経営」では,戦前の日本で感染症に立ち向かった企業の取組みを分析。「歴史的文脈とそこで起こった変化を観察し,それを現在の状況と比較することで変化の方向性を考え」ています。「コロナ後」の経営は,人を大切にするという「当たり前の」ことが,より一層求められそうです。
△コロナ禍の影響か,一部のネット通販で本誌の在庫状況が不安定に。雑誌を作っている側としては「果たして売れているのか?」がわからず,やきもきする日が続いていました。情報は後から俯瞰,整理するのも大事ですが,タイムリーかつ精度の高いものを手に入れるのも大切。今号の特別企画「会計ビッグデータ活用の最前線――『仕訳』を使えばここまでできる」では,日常の取引データである「仕訳」を使って,タイムリーかつ高精度のデータを取得・活用する研究と実務を紹介。情報の取り方もまた変化するこれからの時代では,日常のデータも宝の山になりそうです。
 『企業会計』2020年9月号のご案内
〈特 集〉
アフターコロナのサステナビリティ
数字と組織構造で捉える生き残りポイント
〈特別企画〉
コロナの影響で開示企業が増加
業績予想のレンジ開示
(タイトル・テーマは予告なく変更する可能性がございます。)