査読付き論文コーナー創設にあたって
―ACC Peer-Reviewed―

近年,インターネットの普及により,内外問わず会計に関する様々な情報に容易に触れることができるようになり,雑誌媒体にはそれらの情報とは差異化された付加価値のより高い情報が求められています。小誌では,その情報ニーズに応えるために新たな試みを模索し,この度そうした試みの1つとして,これまで以上に信頼性の高い研究の成果を読者の皆さまに提供するため,「査読付き論文コーナー」を設けることといたしました。
(※)この査読付き論文については,通常の論文その他特集等の記事と区別し,掲載いたします。

「査読付き論文コーナー」編集委員会を代表して   編集長 斎藤静樹(東京大学名誉教授)

このコーナーは,会計の機能や制度に関する基礎的な研究成果の発信を目的に査読付きの論文を掲載します。編集にあたっては,@学術誌としての性格を堅持すること,A基礎的な研究を重視すること,B海外の研究動向に留意しつつ,日本語での発信に期待される役割を考慮すること,を基本原則とします。会計の基礎研究にとって重要な課題でありながら,海外で情報発信の機会が限られているものを含めて,この趣旨に沿った投稿を歓迎します。
(※)制度や実務の解説や提言を中心とする論文は対象ではありません。

投稿方法

投稿要項,執筆要項をご確認のうえ,専用ウェブサイトの投稿フォーム,またはメール(acc-pr@chuokeizai.co.jp)にて投稿してください。詳細は専用ウェブサイトをご確認ください。

                
Scope Eye
税務専門家の意義 東京大学教授
中里 実
会計時評
産業革命と会計
――仮想通貨と会計の未来
西谷順平
Salon de Critique
ライバルの存在は情報開示を変えるか 三輪一統
特集

現代会計に生きる
渋沢栄一
巻頭インタビュー
長期投資・ESG・ガバナンス…現代にも通じる渋沢栄一の信念
渋澤 健
実学と倫理としての商業教育はなぜ必要か 山藤竜太郎
ガバナンスの効いた組織をどうつくるか 杉山里枝
企業は投資家とどう対話すべきか 小野塚惠美
私益と公益を両立できる合本主義とは何か 橘川武郎
渋沢栄一の理念はどう継承されたか:
札幌麦酒会社の植村澄三郎
森 伸一
渋沢栄一をもっとよく知るためのブックガイド 松本和明
渋沢栄一の生き様:
その生涯と現代的意義
井上 潤
OPINION
会計は経営・マーケティングの羅針盤 上原幸雄
査読付き論文コーナー創設のお知らせ/第1回『企業会計』カンファレンス開催のお知らせ
Accounting News
時事解説
公認会計士・監査審査会の最近のモニタリング活動について
「令和元年版モニタリングレポート」のポイント
野村昭文
AIによる不正会計検知・予測の可能性
――会計監査の未来を探る
宮川大介
宇宿哲平
論文
行動的原価企画研究の必要性:
トヨタ自動車の実務を踏まえて
加藤典生
小林英幸
連載
新連載 「おカネ」はどこから来て,どこへ行くのか
 第1回 機能しなくなった貨幣配給システム
福井義高
新連載 主要論点をピックアップ 収益認識のポジション・ペーパー記載術
 第1回 変動対価
高田康行
会計「諺」則
 会計の知識の普及に努めること
山田辰己
解題深書
 アンケートを効果的に実施するには
市原勇一
日本企業における管理会計の実態調査
 業績・予算管理編(東証・名証1部上場企業)
吉田栄介
岩澤佳太
徐 智銘
桝谷奎太
Accounting Great Books 2nd
 クーパーほか『ABCマネジメント革命』
阿部光成
相談室Q&A
〔会社法務〕CGコードとの違いを解説! スポーツ団体ガバナンスコードとは 千原 剛
書評
奈良沙織『企業評価論入門』 中野 誠
学会ルポ
日本簿記学会第35回全国大会 五十川陽
日本管理会計学会2019年度年次全国大会 梅田 宙

COLOR SECTION

三角波
 個人データ活用に求められる経営倫理
OUTSIDE
 「のれん」減損の嵐は来るか 前田昌孝
経理・財務最前線
慨tand by C
 仲間と協力する仕事の楽しさ 角野崇雄
『論語と算盤』に学ぶ会計人の心得
 成敗と運命:成敗は身に残る糟粕 杉山里枝
私の学問遍歴
 A日本企業への貢献を意図した管理会計研究 櫻井通晴

            
              
 編集室より
△再来年のNHKの大河ドラマが,渋沢栄一の人生をテーマにした「青天を衝け」に決まったというニュースを聞いたのは,本号の編集作業中。2024年に発行予定である新一万円札の肖像にも選ばれて注目を集める渋沢は,明治から昭和にかけて活躍した「近代日本の資本主義の父」といわれています。弊誌とのつながりでみると「論語と算盤」が有名ですが,読者が本特集でみたように,渋沢の思想には,現在我々が直面しているガバナンス問題,ESG等のに対応するためのヒントが多く隠されています。
△一体何が起こっているのか? 変化の激しい現代社会では,仕事も学問も私生活も,1つの要素だけを見つめていてもなかなか本質が見えてきません。それどころか,適切な判断ができず,誤った道を進んでしまう危険もあります。楽しみにしていた方も多い新連載「『おカネ』はどこから来て,どこへ行くのか」(福井稿97頁)では,教科書の伝統的な理論が通用しない「異常」な状況の中で,マクロ経済に対する新しい見方を提供していきます。「経済学は数式ばかりでよくわからない」と敬遠してきた編集子のような凡人にもわかりやすく説明されています。ぜひご一読ください。
△一方で渋沢栄一は,一見すると超人のようですが,その裏には計り知れない読書量に基づく柔軟な発想力があったようです。やはり,いろいろな視点があることを意識するのは大事ですね。本号のOPINION(上原稿110頁)では,経理・財務部門未経験の著者が会計を仕事の中でどう会得し使ってきたかについてご寄稿いただいています。経理・財務部門の方に新たな視点を提供できれば幸いです。これに限らず,読者の方々に毎号多様な視点に触れていただくためには,渋沢以上に日々学び続けることが必要だと,編集部一同気を引き締める次第です。
 『企業会計』2019年12月号のご案内
〈特 集〉
支配株主の横暴を抑える方法
上場子会社ガバナンスの最新論点
■日本の親子上場の実態
■事例でみる支配株主・少数株主の利益相反リスク
■親子上場が業績・株価パフォーマンスに与える影響
■上場子会社の独立社外取締役の条件
■証券市場における親子上場に対する考え方
■利益相反リスクが生じる「支配」とは
■法的な観点からみた支配株主による少数株主保護問題
■親子上場における会計処理と情報ニーズの齟齬
■100%未満子会社をもつ税務上のインセンティブ

(タイトル・テーマは予告なく変更する可能性がございます。)