査読付き論文コーナー創設にあたって
―ACC Peer-Reviewed―

近年,インターネットの普及により,内外問わず会計に関する様々な情報に容易に触れることができるようになり,雑誌媒体にはそれらの情報とは差異化された付加価値のより高い情報が求められています。小誌では,その情報ニーズに応えるために新たな試みを模索し,この度そうした試みの1つとして,これまで以上に信頼性の高い研究の成果を読者の皆さまに提供するため,「査読付き論文コーナー」を設けることといたしました。
(※)この査読付き論文については,通常の論文その他特集等の記事と区別し,掲載いたします。

「査読付き論文コーナー」編集委員会を代表して   編集長 斎藤静樹(東京大学名誉教授)

このコーナーは,会計の機能や制度に関する基礎的な研究成果の発信を目的に査読付きの論文を掲載します。編集にあたっては,@学術誌としての性格を堅持すること,A基礎的な研究を重視すること,B海外の研究動向に留意しつつ,日本語での発信に期待される役割を考慮すること,を基本原則とします。会計の基礎研究にとって重要な課題でありながら,海外で情報発信の機会が限られているものを含めて,この趣旨に沿った投稿を歓迎します。
(※)制度や実務の解説や提言を中心とする論文は対象ではありません。

投稿方法

投稿要項,執筆要項をご確認のうえ,専用ウェブサイトの投稿フォーム,またはメール(acc-pr@chuokeizai.co.jp)にて投稿してください。詳細は専用ウェブサイトをご確認ください。

「新型コロナ危機下のビジネス実務」
ウェブサイト設立のお知らせ

当社・中央経済社は,新型コロナ危機で噴出するビジネス実務(法務・会計・税務)の疑問点に関する情報を発信していくべく,このたび「新型コロナ危機下のビジネス実務」(アクセスはこちら)を立ち上げました。
 弊誌とあわせて,本サイトもご活用いただけますと幸いです。

《連載「Pythonではじめる会計データサイエンス」データのダウンロード》

data_1
data_2_test
data_2_train
data_3_A
data_3_B
連載
Scope Eye
不確実性の高まる環境下での中小企業M&A 潟Xトライク 代表取締役社長
荒井邦彦
会計時評
会社の目的と会計
―─株主の持分はどこまでか?
大雄 智
Salon de Critique
財務報告の受託責任価値(stewardship value) 若林利明
特集
コロナショックの影響も!?
今見直す
コストマネジメント最前線
標準原価管理:
花王の事例から考える
妹尾剛好
固定費:
拘束的固定費・自由裁量費を分けて考える
新井康平
小菅貴行
サプライチェーン:
営業スタイルの変化に対応して顧客との信頼を構築する
大浦啓輔
座談会
コロナ,会社法改正,ESG 変わる役員報酬

鈴木克治 × 橋本基美 × 阿部直彦
時事解説
役員報酬の会計・税務の取扱いQ&A
――改正会社法に伴う令和2年度税制改正を踏まえて
荒井優美子
新連載
ニューノーマル時代の読書術
 未知から既知への旅を楽しむ
武田雄治
連載
ニュートンの力学で考える企業会計
 終・会計基準の変容
田村威文
Pythonではじめる会計データサイエンス
 終・ベイズ統計モデリングで不確実性を可視化しよう
野呂祐介 
蜂谷悠希 
会計「諺」則
 空気を読む前に会計基準を読め
中村慎二
主要論点をピックアップ 収益認識のポジション・ペーパー記載術(後編)
 終・顧客に支払われる対価と委託販売契約等
高田康行
法律の視点から考える!  監査意見における監査人の役割と責任
 終・会計処理について監査法人間の見解が異なる場合の対応
峯岸健太郎
特別企画
ディスクロージャーの新潮流
「投資家との対話」が経営力を高める 佐藤淑子
エンゲージメントに会計情報を活かす 円谷昭一
学会ルポ
日本会計研究学会第79回大会 松尾敏行
新改敬英
小阪敬志
調 勇二
吉見 宏
岡野泰樹
日本管理会計学会2020年度年次全国大会 奥 倫陽
日本簿記学会第36回全国大会 中溝晃介
国際会計研究学会第37回研究大会 井上定子
相談室Q&A
〔法人税務〕電子取引に関する取引記録の保存義務 佐久間裕幸
〔会社法務〕「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」の改訂 佐々木 奏
書評
野間幹晴『退職給付に係る負債と企業行動』 音川和久

COLOR SECTION

三角波
 改正会社法における株式無償交付の会計上の取扱い
OUTSIDE
 IFRS財団,ESG情報の統合へ新組織提案 小平龍四郎
経理・財務最前線
慨UMCO
 ニューノーマルな時代の経理業務を考える 三輪 稔
簿記普及の知られざる立役者たち
 小山健三(下) 松本和明
鳥羽教授走る!
What’s Accounting/Auditing Research?
 会計改革
――われわれが叩くのは「学門」の扉か,「学問」の扉か」
鳥羽至英

            
              
 編集室より
△2020年最終の12月号をお届けします。振り返ると,読者諸賢の皆様は,年明けから始まったコロナ禍に翻弄された1年だったと推察いたします。経済社会が大きく変化し,さらにいまだ終息の見通しも立たないなか,経営の舵取り,さらに実務への対応等難しい局面も多いと思われますが,従来の手法が通用しないとき,「何を見直すべきか,本当に見直す必要があるのかを明らかにすることは重要」(妹尾稿,18頁)との指摘もあります。本号特集は,これまで様々な形でとり上げてきたコロナ対応の中でも,特に経営の核ともいえるコストに焦点を当てました。実は全く新しい視点ではなく温故知新の発想がカギを握ることも。重要3論点,ぜひチェックしてみてください。
△近年,ディスクロージャーは大きく変革しています。前号座談会では先進企業の有報と統合報告書の関係性等のミクロ的な視点で取り上げましたが,本号特別企画では,マクロ的な変革のトレンドとその意義を考察しました。キーワードは「投資家との対話」。そして,会計情報はどのような役割を果たすべきか。経営者,実務担当者必読です。
△本号で好評連載4本が終了しますが,かわりに新連載「ニューノーマル時代の読書術」がスタート。読書家である会計人の方々に,本や雑誌,文献等について「何をどう読むか」をリレー形式でお届けします。いかなる状況に対してもブレない力をつけ,ポジティブに立ち向かっていただきたいという想いを込めた企画。ご期待ください。
△毎年恒例の「アンケート」,今年はWebでのみ募集しています。今年1年の弊誌に対し忌憚のないご意見とともに,読者の皆様が「今」何を求めているのかをご教示いただければ幸いです。2021年は,気持ちを新たに様々なチャレンジをして,よりパワーアップした誌面をお届けいたします。引き続きご愛読をよろしくお願いいたします。
 『企業会計』2021年1月号のご案内
〈特 集〉
ニューノーマル時代の
会計人の視点30
〈新連載〉
日本版FP&A前夜
法とディスクロージャー 激動の15年を振り返る
Accounting×Science
コミュニティとマネーのよりよい関係とは
(タイトル・テーマは予告なく変更する可能性がございます。)