査読付き論文コーナー創設にあたって
―ACC Peer-Reviewed―

近年,インターネットの普及により,内外問わず会計に関する様々な情報に容易に触れることができるようになり,雑誌媒体にはそれらの情報とは差異化された付加価値のより高い情報が求められています。小誌では,その情報ニーズに応えるために新たな試みを模索し,この度そうした試みの1つとして,これまで以上に信頼性の高い研究の成果を読者の皆さまに提供するため,「査読付き論文コーナー」を設けることといたしました。
(※)この査読付き論文については,通常の論文その他特集等の記事と区別し,掲載いたします。

「査読付き論文コーナー」編集委員会を代表して   編集長 斎藤静樹(東京大学名誉教授)

このコーナーは,会計の機能や制度に関する基礎的な研究成果の発信を目的に査読付きの論文を掲載します。編集にあたっては,@学術誌としての性格を堅持すること,A基礎的な研究を重視すること,B海外の研究動向に留意しつつ,日本語での発信に期待される役割を考慮すること,を基本原則とします。会計の基礎研究にとって重要な課題でありながら,海外で情報発信の機会が限られているものを含めて,この趣旨に沿った投稿を歓迎します。
(※)制度や実務の解説や提言を中心とする論文は対象ではありません。

投稿方法

投稿要項,執筆要項をご確認のうえ,専用ウェブサイトの投稿フォーム,またはメール(acc-pr@chuokeizai.co.jp)にて投稿してください。詳細は専用ウェブサイトをご確認ください。

Scope Eye
タイム 立正大学教授
野矢茂樹
会計時評
会計教育における視点
――「産学官連携」から「共創」の時代へ
成川正晃
Salon de Critique
高度成長期日本の電力産業 北浦貴士
特集
契約内容と会計処理がしっかりつながる!
新収益認識の契約実務
法的な観点からみた収益認識会計基準の基礎概念 弥永真生
経理・財務部門と営業部門等とのコミュニケーション 山本浩二
「契約の結合」に関する実務上の留意点 阿部光成
成果完成型委任契約 中村慎二
非請負型業務委託契約 中野竹司
ライセンス契約 浜田  宰
販売契約の特別な条項 藤津康彦
法人税・消費税の観点からみた契約書の作成ポイント 荒井優美子
査読付き論文コーナー創設のお知らせ
Accounting News
金融庁解説
「監査報告書の透明化」に関する監査証明府令等の改正について 神保勇一郎
伊神智江
時事解説
仮想通貨ブームの置き土産?
ブロックチェーン債の可能性
岡本 修
損金算入可能で導入企業も増加中
確定給付企業年金の「リスク対応掛金」の会計論点
中根正文
平成31年度税制改正大綱で要注目!
過大利子支払税制の改正要点
西村美智子
中島礼子
連載
会計「諺」則
 良い会計は当たり前の結論に達するものだ
金子裕子
日米比較でわかる コーポレートガバナンス
 会社の実態,制度・規制環境
長谷川茂男
Accounting Great Books 2nd
 関口重之『低価主義の研究』
阿部光成
相談室Q&A
〔法人税務〕10月からどう変わる? 自動車課税の改正ポイント 佐久間裕幸
〔会社法務〕合同会社のメリット・デメリット 鮫島裕貴
書評
大下勇二『連単分離の会計システム』 菊谷正人

COLOR SECTION

三角波
 特許訴訟に「査察」制度を導入?
OUTSIDE
 企業収益は曲がり角か 前田昌孝
経理・財務最前線                    
三菱電機インフォメーションネットワーク
 経理人材を育てる「3つのスローガン」 松岡尚登
『論語と算盤』に学ぶ会計人の心得
 立志と学問:自ら箸を取れ 杉山里枝
私の学問遍歴
 B不確実性と新たな会計統制モデル 西村 明

            
              
 編集室より
△本号特集の企画段階では「会計基準に合わせて契約を作り直すなんて本末転倒だし,できることでもない。大切なのは契約における『取引の実態』をしっかり確認して会計処理と結びつけることだ。」というコメントをいただきました。会計処理については経理・財務部門で検討すべき問題ですが,その前提となる「取引の実態」を一番よくわかっているのは現場の営業部門でしょうし,契約書の管理に至っては法務部門の領域です。本特集を素材に,収益認識会計基準対応を全社プロジェクト化していただければ幸いです。
△テニスの全豪オープンで錦織圭選手が相次ぐ逆転劇で大活躍しています。「勝った要因は経験や体の強さなど積み重ねだと思う」と語る姿を見て,ふと小学校の文集(将来の夢)に「ウィンブルドンで優勝する」と書いたことを思い出しました。もしかすると,錦織選手も小学校の文集に同じことを書いていたかもしれません。しかし,書いた文字の重みが全く違ったようです。才能はさることながら,努力の積み重ね(実態)を伴う夢と,かたや単なる願望。しっかりした実態があってこそ,大きな収益につながるのだとようやく気づいた今日この頃です(遅)。
△独断ですが,寒い時期に食べたくなるおでんの具といえば“ちくわぶ”。そのネーミングから,しばらくの間,ちくわの一種だと勘違いしていました。そんな勘違いは企画会議でも発揮されています。「リスク対応掛金」の導入が最近増えていることを新聞で知り,企画会議で,「リスク分担型企業年金」の実務上の留意点を今取り上げるべきだと自信満々で発言。そんな私の勘違いを「最近話題のリスク対応掛金ですね」とソフトに聞き流してくださった中根先生,本当にありがとうございました。私と同じように勘違いしそうになった方,ぜひご一読を。え,そんなやついない?
 『企業会計』2019年4月号のご案内
〈特 集〉
豊富な開示例でわかる!
有報《開示》府令対応
経営方針・経営戦略等/事業等のリスク/会計上の見積りや見積りに用いた仮定/役員の報酬/政策保有株式/監査の状況 
〈特別企画〉
2019年3月決算対策
(タイトル・テーマは予告なく変更する可能性がございます。)